カモをしょったネギになってしもうた

こんにちは。

野郎です。

 

今日は学資保険の話だよ。

 

時々書いていますが、今年から野郎は父親野郎になっています。

日々子供と接しています。

 

母からの申し出

まるで子供などできそうもないという方面から孫ができたのが両親も喜んでおります。

母から子供の学資保険に入りたい旨を告げられました。

なんでも香港で3人の子供を育てているシングルマザーの姉(猛獣)の子供たちのためにも加入しているそうです。

お前の子供にも同様にしたいとのことです。

 

はい。

ありがたい申し出だとは思うのですが、野郎には複雑な思いです。

あれ、コストパフォーマンスが悪いと思うんですよ。

いや、仔細に条件検討をしたわけではありませんが、その必要もないくらい状況証拠が明らかです。

 

保険と投資

いや、そもそもね、学資保険って名前はついてるけど、あれは生命保険じゃないですか。

積立型の生命保険って、利回りが悪すぎます。

あんなものに入る気がしれないのです。

 

この辺から以前読んだ本とかの記憶を頼りに書きます。

間違っていたら教えてください。

きになる人は調べてくださいな。

 

とりあえず投資とか保険の考え方は橘玲の著作を読むといいと思う。

すごく論理的で、身も蓋もなくスッキリしている。

アマゾンのリンク:橘玲の著作

 

きっと、生命保険は掛け捨てのもので十分です。

積み立てをしたければ、投資をすれば良いのだと思います。

 

よく知らないけど、理論的には世界市場に投資するのが一番リスクとリターンのバランスが良いのではなかったかしら。

個別株の投資だと、大半のトレーダーは猿のダーツ投げに勝てないとか。

根拠としては、世界市場は(ここ200年ばかり)確実に拡大してきたし、大恐慌の後も回復したってあたりのことじゃなかったかしら。

だから、世界株平均とか先進国株平均とかに連動したETFとかを持っておくのがベターって話だったと思う。

よく知らないけど。

 

ただ、誰かに教えて欲しいのだけど、この200年ばかり世界市場が拡大してきたってのは、人口ボーナスじゃないの?

そろそろ地球の人口って上げどまる気がするのだけど・・・・。

この辺り、かけたらまた書きます。

一度調べなきゃと思っています。

 

結論

積み立て型の生命保険は利回りが悪い

保険と投資は分けた方が良い

と思っています。

 

状況証拠1 営業

学資保険はお袋が熱望しているのだけどね、年齢的に加入できないのだそうです。

生命保険だからね。

何しろ野郎も不惑野郎だから、お袋ももう歳がいってるんだよ。

年寄りは入れないのです。

 

しかし名付けがうまいよね。

お袋は生命保険だと思ってないもん。

詐欺じゃないのか。

 

お袋が手続きできないから、俺の名前で加入しろって言ってきたのよ。

でもさ、野郎は給与生活者野郎だからさ、平日なかなか行けないのね。

そこで奥さんにお願いして、話を聞くなり資料をもらうなりと、できるとこまで手続きしてきてくれってお願いしたのです。

お願いのリレーですね。

伝言ゲームです。

 

そしたらね、奥さんが山のように生活消耗品を持って帰ってきました

ラップやら、なんだかトートバックやらタッパーやらお米やらです。

もう雑貨長者っす。

キャンペーン的なことをしていて、説明を聞いたみなさんに配っていたそうです。

 

これね、原資は保険加入者の支払いですよね。

こんな雑貨を配ってもなお利益があるわけです。

その利益の分、加入者への配当が減少するのだと思います。

 

だいたい実店舗を出している段階でものすごい経費がかかるわけです。

その経費を誰が負担しているのかというと、加入者っす。

 

状況証拠2 手続きとその後

野郎は土日しか動けないからと言ったら、土日にアポが取れたそうです。

いや、それ自体はありがたいことですよ。

けどさ、俺のためだけに(たぶん)休日出勤するわけですよね。

その例外的な人件費とか光熱費は誰が負担するのでしょう

・・・・それはまぁ当然加入者が払うわけですな。

 

それでね、契約が終わったら、またたくさん生活雑貨をくれるわけです。

いやー、これって俺が買っているのと同義ですよね・・・。

このあいだももらったけどね・・・・。

このコスト乗っけても利益が出るのかー。

 

数日して知らない番号から着信がありました。

どこかなーと思ったら契約したところでした。

何かしらと思ったら「局長からのお礼の電話」でした。

おいおいお前らにとってコレはそんなに美味しい案件なのか

 

お礼。。。。。

ホント、よほど美味しい案件なんですな。

カモっすカモ。

 

むーん。

 

騙される人たち

いやね、俺はお袋に損するからヤメておけと言ったのだけれどね。。。。。

私はコレでやるから、あなたは別なことをやってって言われたのよね・・・。

いや、好き嫌いではなく経済合理性の話なのだけれど・・・・。

 

あちらがあれほど喜ぶのなら、あちらが儲かるのです。

こちらにはメリットがありませんから、カモなのです。

 

まぁアブナイ宗教ってわけでもないし、マルチってわけでもないし、たかが知れてはいるのです。

けど、損をするとわかっているものを・・・・。

野郎には本当に不思議でたまらない。

こういうのは野郎には理解するのが非常に難しい。

 

無理やり止めればよかったかなぁ。

 

人の世は難しいであります・・・。

 

 

UNADJUSTEDNONRAW thumb 1b0c

 

お口直しー。

このあいだの空。

ドラゴンが降りてきたのかと思ったよ!

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。