アタマと体が慣れてきた 黄斑変性症 日没の写真

こんにちは。
野郎です。

今日は3回立て続けに更新です。
エラいなー、俺。

時々書いているけど、野郎は黄斑変性症という病気なんだね。
右目の焦点あたりが歪んで識別できません。
周辺は大丈夫だけど。
今日は、その状況に変化があったので少し書くよー。

暮らしていて、右目が絞られるようにシンドクなることがあります。
目を酷使したり、体が疲れてくるとなるのね。
これは別に問題なくて、むしろ野郎のお疲れセンサーとして 素晴らしく機能しています。

目が痛くなることについては、まぁ、脳が見えないのに慣れてないから、見ようとして微調整をし続けていて疲れるのかなーと思っていました。

そしてね、最近気づいたんですが、何か物をよく見ようとするときの行動が変わりました。
今までは、両目でしっかりと見ようとしていたのだと思います。
もう過去のことなので確かではありませんが、たぶん。

これがですな、今は、見ようとするとき、左目を向ける(顔がやや右を向く)ようになったのです。

すごい。
適応した、俺。

アタマが、見たいときは見えるほうを使いましょうって納得したのね。
よくできているんだねー。
何でも慣れるんだなー、と思いました。

祝杯をあげるべく、ベランダでビールです。
ベランダじゃなくて、ホントは廊下です。
・・・・海が見えるのは共用の廊下側なんで、外で飲んでいるようなモンなんですけどね・・・。

夕日が綺麗でしたー。
堪能したわー。

綺麗だなー
18:30

日没だなー

沈むなー

もうチョイだなー
18:55
スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。