植物の放流 涙を飲んで

こんにちは.
野郎です.

今日はベランダの植物を放流してきたよ.
涙なみだの物語です.

ベランダで植物を飼っているのだけれど,育ちすぎたりして飼いきれないコが出てきました.
邪魔にならず,除草もされず,且つ俺の眼が届くという厳しい条件を満たしたところに植え替えました.
うぅぅぅぅ.

 まずは第一便.
洗車したばかりのロド男に乗せます.

  • 一番左:御神体.あれは・・・・7年位前かな.知人のHさんが首里で引越ししたときに井戸のワキに埋まっていたヘゴの幹をもらってきてベランダにおいてました.毎日水をかけていたら,いつの間にかシダとオオタニワタリがくっついてこの姿になりました.不思議よのぅ.忙しくて毎日水をあげられないので,より良き環境にお引越しです.
  • 真ん中の丸いの二つ:このコたちは多肉です.名前は知らぬ.植え替えるとすぐ鉢いっぱいまでひろがってしまう元気な人たちなのですよ.これ以上広い鉢ってのもアレなので,広いところにお引越しです.
  • 右:ある山から5年位前にアレしてきたアオノクマタケランです.花が好き.でもなー.古い葉の感じを見ていて,鉢で飼うもんじゃないんだなと思ったのです.このヒトも広いところへお引越し.

 ココへ.アオノクマタケランはいいけど,多肉には土質が合わぬかも知れぬ.
うまくいくといいけど,どうだろう.

 ご神体は某池へ.
これならいつも水があるよー.
台風のとき飛ばぬか心配ってくらいで,きっとここは良いはず.

 蓮の花がさいていました.

第二便.
ふふふふ.ロド男は屋根を開ければ,どれほど長いモノでも積載可能なのです.
分かるかな?

別の角度.
これなら分かるかな?
能天気な雰囲気が出るね.

 コレは別の某所.
植えたのはテリハボク.
10年近く前,西表島の海岸で種を拾って,飼っていました.
種からのお付き合いです.
もう少しでベランダの天井に届きそうなのと,やっぱり鉢が小さいせいかひょろひょろしててかわいそうなので,広いところへお引越しです.
元気でね.

奥には以前に放流したリュウゼツランが植わっています.
あのコたちも順調に馬鹿でかくなっていってたのだけど,こないだの強力台風で傷んでしまった.
やがて回復するでしょう.
早くでかくなって,あの怒髪天を突くさまを見せてください.
みんなの度肝を抜いてやろうじゃありませんか.

パキラ.
このヒトも10年くらいいた.
すごい小さかったんだけど,でかくなってきました.
鉢が大きかったら,もっと大きくなっていたんだろうなぁ.
練習のついでに様子を見に来るからね.

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。