発酵野郎の裁縫日記

こんにちは。
野郎です。

今日は4連続っす。
ほら、野郎は少々耄碌気味だからさ。忘れないうちに一気に書いとこうとしているんだね。
ずっとディスプレイ見ていて、ちょっと気持ち悪いです。
うぅぅうぅぅぅうぅ。

今日はお裁縫の話しだよ。

野郎はね、大きくなったらお婆ちゃんになろうと思っているのです。
お婆ちゃんって、何でもできるじゃないですか。
いや、イメージの話しね。
野郎もお婆ちゃんのように、身の回りのことは何でも自分でできるようになりたいのです。

イヤしかしね、俺はお裁縫がすげー苦手でねぇ。
どこから手をつけてよいのかわからない感じだったんですよ。
お婆ちゃんを目指す者としては、お裁縫ははずせない感じするでしょ?
困っておりました。

あるときアタマに、「どこから手をつけたらよいのか分からなければ、出鱈目滅法にでも手をつけたらイイじゃない!」と閃きました。
天啓です。
すばらしい。
野郎は大悟しました。
とにかくやってみればよいのですな。

で、時々洋服のホツレなど直しておりました。
今日はその、質実剛健・結果オーライ・目的一直線な素敵お裁縫作品群をご紹介しましょう。
ははは。

まずは、帽子のリボン止め、カーテン巻き巻き、スネ当ての修繕です。

先日の作品たち

 並べたところ。
がんばるぞー。

帽子とリボンを接続!

帽子についているリボンが固定されていなくて、逆さにすると取れてしまうのが不便でした。
出先で失くしちゃいそうだし。
そこで!野郎のお裁縫スキルでくっつけました!
満足です。

カーテン巻き巻きとして復活!

 カーテン巻き巻きの輪っかが取れてしもうて、巻き巻きできなくなっていました。
そこで! 野郎のお裁縫スキルでくっつけました!
満足です。

スネ当てが元通りに!

スネ当てのスネのとこと、甲のトコが破れてきてしもうていたのです。
そこで! 野郎のお裁縫スキルでくっつけました!
満足です。

革ジャンも、ほうらこの通り

革ジャンも自力で修繕です。
どこを直したか、遠めには分からないですね。
野郎のスキルの高さが分かります。

まるで元からこうだったかのようです。

右脇を直したのです。
気に入っている上着なので、少し丁寧にやりました。
もしかしたら、野郎もやればできるのかもしれない。

カーゴもこの通り!

 ふふふ。ドコか分からないでしょう。
何しろ遠いからね。

新品のようです

直したのは、右のポケットでした。

これさー、結構複雑な立体構造でして、苦労しました。
縫ってる間に、決めた形が変わっちゃうじゃないですか。
うーんと悩んでいたら、思い出したのです。
こういうときは待ち針を使うんだね!
待ち針のおかげで、どうにかできたー。

タンクトップも元通り

 これ、買ってすぐにホツレて、悲しんでいました。

左の脇

 左の脇がホツレちゃったのね。

できたー

裏っ返したら、縫い代(でいいの?)があったので、それに沿って縫いました。
良かったよかった。

お裁縫も、だんだん上手くなるのかなー。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサーリンク
スポンサードリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。